マドレクリニックは、不安神経症、パニック障害、社交不安障害、強迫性障害、更年期障害、うつ病、自律神経失調症など、メンタル疾患・心療内科治療の専門クリニックです。
このような症状でお悩みの方

マドレクリニック - 心身医療科/心療内科・精神科・神経科

このような症状でお悩みの方
HOME > このような症状でお悩みの方 > 注意欠陥・多動性障害(ADHD)
注意欠陥・多動性障害(ADHD)
 落ち着きがなく、授業中も着席していることができずに動き回ったり、常に体を動かしたり、衝動的で急にしゃべり出したり、他人のやっていることに唐突に介入するために、先生から注意を受けているような子供は注意欠陥・多動性障害(ADHD)といわれています。注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、子供だけにみられる障害ではありません。軽症の場合は大人になると症状が目立たなくなる例もありますが、2〜10%の大人が注意欠陥・多動性障害(ADHD)の診断基準にあてはまるといわれます。
注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状
 大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)では、注意の持続が困難だったり、細部に注意が向かないために仕事や家事でケアレスミスや物忘れが多かったりします。あるいは、しばしば約束の時間に遅れたり、約束を忘れたり、締め切りに間に合わなかったりします。
 子供のときに見られた顕著な多動性や衝動性は一見目立たなくなりますが、待たされた時などにイライラして落ち着かなかったり、人の話を最後まで聞くことができず、さえぎって一方的にしゃべってしまったりするような形で現れたりします。
 注意欠陥・多動性障害(ADHD)の大人は、本人の人間性や知能などに問題はないのに、社会適応性が悪かったり、親密な人間関係の持続が困難になったりすることが多いので悩むことになりがちです。そのため、自尊心が低下して、うつや不安の状態になります。

 仕事や人間関係がうまくいかないために生きづらく感じる、あるいは抑うつ気分や不安感が強い人で、以下の項目に多く当てはまる場合は注意欠陥・多動性障害(ADHD)がその原因の可能性があります。
活動していないと落ち着かず、家で座って静かに過ごしていること(本を読んだり、テレビを見たり)ができない。
注意力や集中力に欠けるため、他人と話していても話の筋を追えなかったり、内容を忘れたりする。そのために、面と向かって話しかけているのに、話を聞いていないような様子に見えると他人にしばしば指摘される。
単調な仕事や読書、計算を持続することが苦痛である。
約束の時間に遅れたり、約束を忘れたり、締め切りに間に合わなかったりすることが多い。
仕事や家事などの課題を遂行できず、途中で投げ出してしまう。
短気で、些細なことで自分を見失い、しばしば爆発的に怒ってしまう。
鍵や財布など生活・仕事の必需品を頻繁に紛失する。
騒音や雑音があると、すぐに注意が散漫になる。
しばしば他人の質問をさえぎって、一方的にしゃべりだしてしまう。
大人のADHDとは
 大人のADHDは、大人になってから初めて出現するものではありません。不注意、多動性、衝動性という3つの症状に、子どものころからずっと悩まされており、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらず、状況が改善せず大人になり、うまく生活することができず困っているのです。
 日常の活動(たとえば、掃除にかかる時間、歩くスピードなど)すべてにわたる能力や行動であるパフォーマンスが落ちていきます。なんとなくいつもの自分と違っていると思いながら気のせいだと判断して、自分が病気であることにはまだ気づいていません。
ADHDの症状の変化
多動性
子供の症状
座っているべきときに落ち着いて座っていることが難しい。
遊びや余暇活動におとなしく参加することが難しい。
過度におしゃべりをする。
大人の症状
落ち着かない感じ。
貧乏ゆすりなど、目的のない動き。
衝動性
子供の症状
質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう。
順番を待つのが難しい。
他の人がしていることをさえぎったり、邪魔したりしてしまう。
大人の症状
思ったことをすぐに口にしてしまう。
衝動買いをしてしまう。
不注意
子供の症状
勉強などで不注意な間違いをする。
課題や遊びの活動で注意を集中し続けることが難しい。
興味のあることには集中しすぎてしまい切り替えが難しい。
話を聞いていないようにみえる。
課題や活動を順序だてて行うことが難しい。
同じことを繰り返すのが苦手。
必要なものをなくしてしまう、忘れっぽい。
注意が長続きせず、気が散りやすい。
大人の症状
仕事などでケアレスミスをする。
忘れ物、なくし物が多い。
約束を守れない、間に合わない。
時間管理が苦手。
仕事や作業を順序だてて行うことが苦手。
片付けるのが苦手。
大人のADHD症状チェックリスト:成人(18歳以上)用
本チェックリストは、ADHDの症状を持っているかどうかを確かめるためのものです。診断結果を表すものではございませんので、受診の際にお役立てください。
1 物事を行なうにあたって、難所は乗り越えたのに、詰めが甘くて仕上げるのが困難だったことが、どのくらいの頻度でありますか。
2 計画性を要する作業を行なう際に、作業を順序だてるのが困難だったことが、どのくらいの頻度でありますか。
3 約束や、しなければならない用事を忘れたことが、どのくらいの頻度でありますか。
4 じっくりと考える必要のある課題に取り掛かるのを避けたり、遅らせたりすることが、どのくらいの頻度でありますか。
5 長時間座っていなければならない時に、手足をそわそわと動かしたり、もぞもぞしたりすることが、どのくらいの頻度でありますか。
6 まるで何かに駆り立てられるかのように過度に活動的になったり、何かせずにいられなくなることが、どのくらいの頻度でありますか。
7 つまらない、あるいは難しい仕事をする際に、不注意な間違いをすることが、どのくらいの頻度でありますか。
8 つまらない、あるいは単調な作業をする際に、注意を集中し続けることが、困難なことが、どのくらいの頻度でありますか。
9 直接話しかけられているにもかかわらず、話に注意を払うことが困難なことはどのくらいの頻度でありますか。
10 家や職場に物を置き忘れたり、物をどこに置いたかわからなくなって探すのに苦労したことが、どのくらいの頻度でありますか。
11 外からの刺激や雑音で気が散ってしまうことが、どのくらいの頻度でありますか。
12 会議などの着席していなければならない状況で、席を離れてしまうことが、どのくらいの頻度でありますか。
13 落ち着かない、あるいはソワソワした感じが、どのくらいの頻度でありますか。
14 時間に余裕があっても、一息ついたり、ゆったりとくつろぐことが困難なことが、どのくらいの頻度でありますか。
15 社交的な場面でしゃべりすぎてしまうことが、どのくらいの頻度でありますか。
16 会話を交わしている相手が話し終える前に会話をさえぎってしまったことが、どのくらいの頻度でありますか。
17 順番待ちしなければならない場合に、順番を待つことが困難なことが、どのくらいの頻度でありますか。
18 忙しくしている人の邪魔をしてしまうことが、どのくらいの頻度でありますか。
注意欠陥・多動性障害(ADHD)の原因
 現時点では、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の原因ははっきりしていませんが、近年、MRIやSPECTなどの脳の画像診断による研究報告から神経生物学的な原因により生じることがわかっています。さらに、遺伝との関係について研究が進められているほか、脳内の神経伝達物質の関与も明らかになってきました。つまり、脳の器質的・機能的な原因のために発達・成熟に偏りが生じ、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状が現れると考えられています。注意欠陥・多動性障害(ADHD)の原因が「親のしつけの悪さ」にあるといわれることがありますが、それは大きな誤解です。注意欠陥・多動性障害(ADHD)の発症には、遺伝的要因、出産時に生じた障害などによる脳の形態学的な異常、脳内の神経伝達物質のバランスの乱れなどの機能異常、環境的要因などが複雑に絡み合っていると考えられます。
治療の方法
 注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療には大きくわけて、「薬物療法」と「心理社会的治療」の2種類があります。治療に取り組んだからといってすぐに治るという病気ではありませんので、治療は治すことを目指すのではなく、病気をもっていても普通の子供と同じように日常生活、社会生活を送ることができるようになることを目標とすることが大切です。あきらめずに根気よくケアに取り組めば、症状をコントロールでき、他の子供たちと同じように日常生活、社会生活が送れるようになります。その積み重ねで、本人の成長とともに病気が治る可能性があると理解することが大切です。
 注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療においては、いかに有効な治療プログラムを組むかが重要なカギとなってきますが、子供と家族、医師、臨床心理士、ソーシャルワーカー、担任教師や養護教諭などの学校関係者、福祉行政担当者等、治療に携わるさまざまな人たちが連携して取り組む必要があります。
 注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療薬として、中枢神経刺激薬や注意欠陥・多動性障害(ADHD)に加えて不安やうつ症状を合併している場合は三環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)があります。
 抗うつ薬の薬理作用は、シナプスにおいて放出されたセロトニンやノルアドレナリンが再び取り込まれるのを抑制することで注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状改善効果が得られると考えられています。セロトニンやノルアドレナリンの増加によって間接的にドパミンが増加することで改善効果があると推測されていますが、セロトニンあるいはノルアドレナリンそのものも注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状に関わっている可能性もあります。
 また、その他の注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬として、興奮や混乱状態、反抗的言動や衝動性を改善するために抗精神病薬や抗てんかん薬などが用いられることがあります。
聴覚情報処理障害:APD(auditory processing disorder)
言葉は聞き取れるけど、その言葉の意味がわからない。
意味をはきちがえてしまう。
言葉自体がうまく聞き取れなくて、相手の言っていることがよくわからない。
 上記のようなことに、身に覚えがありませんか?
発達障害者は、聴覚短期記憶がとても苦手なので、相手の話す言葉を保持することがうまくできない傾向があります。そういった方は、視覚短期記憶が良好な場合があり、文章などを読んだりする視覚言語理解の能力で聴覚言語理解を補うことが多いのです。
APD(聴覚情報処理障害)とは?
聴覚情報処理障害とは、半世紀にわたって研究されているにもかかわらず、まだ明確に定義することが難しい障害で、末梢聴力には明白な難聴を呈さないが、中枢性聴覚情報処理の困難さによって難聴に似た症状を呈する状態とされています。つまり、聞こえるのは聞こえるけれど、その内容を理解できない、もしくはそのスピードが遅いというような状態です。子供の2〜3パーセントにこの障害があるとされています。
<特徴>
聞き返しが多い。「えっ」「なにっ」とたびたび言う。
雑音下での聞き取りが困難。
何と言われたのかしばしば誤解する。
要求された事柄について絶えず確認する。
言語情報が減少すると言葉の理解が困難。
音声指示に従うのが困難。
類似する言語音の弁別や識別が困難、聞き誤る。
聴覚刺激に対して的外れな反応をする。
聴覚的注意の欠如。
聴覚的な記憶力が弱い。
理解語彙や表出語彙が少ない。
言語指示に対しての反応が遅れる。
読みや書字、学習面においての問題を有する。
聴覚経由での学習が困難。
話がわからないので、注意力が散漫になる。
バックグラウンドノイズ(周囲の雑音)から必要な音を選択できない。
APDとADHDを両方持っている子も多い。
正常なヒアリング(聴力)を持っているが、軽い難聴のように感じる。
人が大勢いるところでは話を聞き取り辛い。
IQは、通常平均である、または、平均以上である。
言語発達にしばしば影響して、言語遅延を持っていることがある。
時間概念を正確に理解することが困難である。常に現在のみを生きており、未来を把握し辛い。
音楽やTVの音は大きければ大きいほどいいと感じる。
重要な音を気に止めない、全く気にしない。
<APDを持つ子供には、どう接したらいいの?>
口頭の指示だけでなく、必ずプリントを用意する。
教室内では、先生に直接話しかけられる場所に着席させる。・指示を出す時は、肩を軽く叩いたり、アイコンタクト多様する。
一度に多くを喋らず、指示を単純化する。・指示を与えた時、もう一度その指示を繰り返させ、再確認させるようにする。
あちこち飛躍せず、一貫した学習プログラムをこなしていける環境をつくる・視覚的な教材を用いる。できるだけ実物を提示しながらレクチャーしていく。
時には体を動かしましょう。
自閉スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder, ASD)
アスペルガー症候群(Asperger Syndrome, AS)
アスペルガー症候群は2013年まで使われていた診断名です。今では通常自閉スペクトラム障害に統合されています。つまりアスペルガー症候群と自閉スペクトラム障害はほぼ同じものと考えていただいて問題ありません。なお自閉スペクトラム障害の人はADHD(注意欠如多動性障害)の特徴もあることが珍しくありません。日常生活や職場での生きづらさがどちらの特性により起因するか確認することが良いでしょう。
1.ASDの分類
現在の分類では下記の診断名は、ASDのみになっています。
アスペルガー症候群
ASDのうち、知的な能力が正常範囲以上で、言語発達の遅れもない方をアスペルガー症候群と呼びます。
自閉症
ASDのうち、言語発達に遅れがある方を自閉症と呼びます。
2.ASDの主な症状・特徴
ASDには大きく分けて3つの症状があります。「コミュニケーションの障害」、「対人関係の障害」、「限定された物事へのこだわり・興味」の3つです。
(1)コミュニケーションの障害
表面上は問題なく会話できるのですが、その会話の裏側や行間を読むことが苦手です。明確な言葉がないと理解がむずかしく、比喩表現などをそのままの意味で鵜呑みにしてしまう傾向があるため、人の言葉を勘違いしやすく、傷つきやすい面があります。
(2)対人関係の障害
場の空気を読むことに困難さがあり、相手の気持ちを理解したりそれに寄り添った言動が苦手な傾向にあります。そのため、社会的なルールやその場の雰囲気を平気で無視をしたような言動になりがちで、対人関係を上手に築くことが難しいです。
(3)限定された物事へのこだわり・興味
いったん興味を持つと過剰といえるほど熱中します。法則性や規則性のあるものを好み、異常なほどのこだわりを見せることがあります。その法則や規則が崩れることを極端に嫌う傾向があります。
ASDの10の特徴
明確な指示がないと動けない。
場の空気を読んだり、その場の空気に沿った対応が苦手。
冗談が通じず、会話の行間や間を読むことが苦手。
曖昧なことを理解するのが難しい。
好きなことには集中してやり続ける、話し続ける。
スケジュール管理が苦手。
自分が興味のないことは頑なに手を出そうとしない。
急な変更にうまく対応できず、だまされやすい。
名前を呼ばれないと自分だと気が付かない。
相手の気持ちを慮れない、人を傷つけることを平気で言う。
 上記に付随した細かな症状が他にいくつもありますが、基本的には自分以外の何か(人や物事)にうまく共感できない、言い回しが不適切などのコミュニケーションにおける困難さが主な症状となります。一方で、一度興味を持った物事に対しては、異常なほどのこだわりや集中力、記憶力を発揮する場合もあります。さらに、ADHDなど他の障害の症状を持ちあわせている場合もあります。
AS診断の年齢
アスペルガー症候群は知的な遅れがなく、見た目などからは分かりづらいため、気付くのが難しい障害の一つです。明確な診断年齢はありませんが、各年代によく見られる症状を参考にしつつ、総合的に確認すると気付くきっかけになりやすいと言えるでしょう。
■乳児期(0〜1歳)
乳児期にはアスペルガー症候群の確定診断はほぼ出ないと言ってよいでしょう。ただし、のちにアスペルガー症候群と診断された人達の中には、乳児期に特徴的な行動を共通してとっていたことが多いです。同年齢の子どもと比較して、下記のような傾向が見られる場合があります。
目を合わせない。
笑わない。
音や触覚の過敏性がある。
人見知りしない。
指さしが見られない。 など
■幼児期(1歳〜小学校就学)
同年齢の子どもと比較して、下記のような傾向が見られる場合があります。
かなりのマイペースで集団から孤立しやすい。
一つ一つ説明しないと理解できない。
特定の順番や並び、場所などにこだわる。
相手の表情が読めない。
一人遊びに熱中すると周りがみえなくなる。
特定のものや知識を集めることを好む。
親がそばにいなくても平気。 など
■学童期(6〜12歳)
同年齢の子どもと比較して、下記のような傾向が見られる場合があります。
得意科目と苦手科目の差が開きすぎる。
多動が目立ち、集中力がない。
行事や特別活動に参加できない。
好きなことには取り組むが、嫌いなことには拒否が多くなる。
相手の気持ちや意図が読み取れない。
会話が一方的で、相手がその話題に興味がなくても話し続ける。
国語のテストで登場人物の気持ちを問う問題が苦手。 など
■青年期以降(12歳〜)
同年齢の子どもと比較して、下記のような傾向が見られる場合があります。
集団行動が苦手で周りの輪を見出しがちになる。
規則正しい生活ができるが、イレギュラーに対応できない。
自分の考えに固執する。
冗談や比喩、皮肉がわからない。 など
思春期の頃などには、適応障害が強くなり、うつや不登校などの二次障害や合併症をきっかけに気付くこともあります。大人になってからの診断については、本人の自覚や、他者からの指摘により気付くことも多いようです。
■二次障害の症状
周囲から浮いていることを自覚し、被害意識が強い。
劣等感が強い。
抑うつ的である。 など
3.ICD-10におけるアスペルガー症候群ASの診断基準
表出性・受容性言語や認知能力の発達において、臨床的に明らかな全般的遅延はないこと。診断にあたっては、2歳までに単語の使用ができており、また3歳までに意思の伝達のための二語文(フレーズ)を使えていることが必要である。身辺処理や適応行動および周囲に向ける好奇心は、生後3年間は正常な知的発達に見合うレベルでなければならない。しかし、運動面での発達は多少遅延することがあり、運動の不器用さはよくある(ただし、診断に必須ではない)。突出した特殊技能が、しばしば異常な没頭にともなってみられるが、診断に必須ではない。
社会的相互関係における質的異常があること(自閉症と同様の診断基準)。
視線・表情・姿勢・身振りなどを、社会的相互関係を調整するための手段として適切に使用できない。
(機会は豊富にあっても精神年齢に相応した)友人関係を、興味・活動・情緒を相互に分かち合いながら十分に発展させることができない。
社会的・情緒的な相互関係が欠除して、他人の情動に対する反応が障害されたり歪んだりする。または、行動を社会的状況に見合ったものとして調整できない。あるいは社会的、情緒的、意志伝達的な行動の統合が弱い。
喜び、興味、達成感を他人と分かち合おうとすることがない。(つまり、自分が関心をもっている物を、他の人に見せたり、持ってきたり、指し示すことがない)
度はずれに限定された興味、もしくは、限定的・反復的・常同的な行動・関心・活動性のパターン(自閉症と同様の診断基準。しかし、奇妙な運動、および遊具の一部分や本質的でない要素へのこだわりをともなうことは稀である)。次に上げる領域のうち少なくとも1項が存在すること。
単一あるいは複数の、常同的で限定された興味のパターンにとらわれており、かつその内容や対象が異常であること。または、単一あるいは複数の興味が、その内容や対象は正常であっても、その強さや限定された性質の点で異常であること。
特定の無意味な手順や儀式的行為に対する明らかに強迫的な執着。
手や指を羽ばたかせたり絡ませたり、または身体全体を使って複雑な動作をするなどといった、常同的・反復的な奇異な行動。
遊具の一部や機能とは関わりのない要素(たとえば、それらが出す匂い・感触・雑音・振動)へのこだわり。
障害は、広汎性発達障害の他の亜型、単純型分裂病、分裂病型障害、強迫性障害、強迫性人格障害、小児期の反応性・脱抑制性愛着障害などによるものではない。
カサンドラ症候群(Cassandra Affective Disorder)
1.カサンドラ症候群とは?
 アスペルガー症候群(AS)の夫または妻(あるいはパートナー)と情緒的な相互関係が築けないために配偶者やパートナーに生じる、身体的・精神的症状を表す言葉です。アスペルガー症候群の伴侶を持った配偶者は、コミュニケーションがうまくいかず、わかってもらえないことから自信を失ってしまいます。また、世間的には問題なく見えるアスペルガーの伴侶への不満を口にしても、人々から信じてもらえず、その葛藤から精神的、身体的苦痛が生じるという仮説です。
2.症状
 症状としては偏頭痛、体重の増加または減少、自己評価の低下、パニック障害、抑うつ、無気力などがあります。アスペルガー症候群の伴侶を持つ者の二次障害として問題となっていて、支援するためのカウンセリングがますます必要とされ、夫婦間のケアの重要性が指摘されています。
 情緒的交流がうまくいかない配偶者やパートナーは、理由はわからないけれど苦しい、周囲は苦しんでいることを理解してくれないという二重の苦しみの状態にあります。本人が問題の本質がわからないこと、周囲が問題の存在さえ理解してくれないこと、この二つの要素が現在のカサンドラを巡る問題の本質になっています。
3.対処法
 夫婦関係をより良く継続させるためには、どちらか一方だけの努力だけでは上手くいきません。話し合いがままならない関係に対しては専門家の介入という方法があります。
 当院では、パートナーがアスペルガー症候群・ADHDという障害をもっていることを理解し受け入れ、アスペルガーのパートナーと一緒に歩む道を選んだ方に、心のケアやカサンドラ症候群からの回復の心理カウンセリングを行っています。是非、お一人で悩まず足を運んでいただければと思います。
HOME - 医院案内 - 診療案内 - このような症状でお悩みの方 - お問い合わせ
お知らせ - 求人案内 - 個人情報保護方針 - サイトマップ
マドレクリニック - 心身医療科/心療内科・神経科
〒980-0021
仙台市青葉区中央三丁目1-22
エキニア青葉通り2階
電話:022-738-9067
【診療科目】
心身医療科/心療内科・精神科・神経科
お気軽にお問い合わせ下さい。
Copyright © MADRECLINIC, All Rights Reserved.