美容内科メニュー

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)とは、男性に起こる代表的な薄毛のことです。思春期以降に前頭部及び頭頂部の毛が、次第に細く柔らかくなりながら脱毛していく特徴を持ち、遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因と考えられています。多く見られるタイプとしては、額の両角が後退していくM型や、頭頂部が円形に薄くなるO型があります。現在、AGA(男性型脱毛症)対策は、医療で解決することが一般的になってきております。

【ポイント1】予約不要で、早くて快適な院内処方

【ポイント2】再診料・処方料は無料

AGA(男性型脱毛症)の原因

AGA(男性型脱毛症)は、遺伝や男性ホルモンの影響が最も大きな原因として考えられております。男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、発毛を抑制してしまうと考えられております。また他の理由としては、ヘアサイクルの乱れも考えられています。私たちの髪は、「ヘアサイクル」に基づき、毎日少しずつ成長しています。AGA(男性型脱毛症)は、このヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいます。「睡眠不足」、「偏った食生活」、「ストレス」、「喫煙などの生活習慣」なども、薄毛を進行させる原因となっているようです。

AGA(男性型脱毛症)体質遺伝子検査

将来、薄毛になる? 薄毛は治る? そんな不安を検査で解決しませんか。
将来的な薄毛の可能性とAGA治療薬の効果を予測

将来、薄毛になるのではないかとお悩みの方もいると思います。AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが影響しており、女性も男性ホルモンがあるため同様の症状が出ます。思春期以降に遺伝的な背景を持って出現します。

男性ホルモンの一種であるテストステロンを5αレタクターゼという酵素がDHT(ジヒドロテストステロン)に変換致します。そのDHTが遺伝子内の特定の箇所に作用し、頭髪の脱毛を促します。また、AGAではない方はDHTがその箇所に作用するのを阻害されるようになっています。

検査は一度でよいのでお早めにお受けください。AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモン中のアンドロゲンによる影響が最も大きいと考えられています。AGAチェックは、このアンドロゲンを受け取る受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性の高さを遺伝子レベルで分析しAGAのリスクを予測します。

遺伝的判定のため一生に一度受ければ良い検査です。また、AGAは進行性のため、早めにご自身の病状を知っておく必要があるのです。現在あまりAGAが進行していない方も、将来の脱毛進行度が判定できますので、ぜひお早めに検査を受けることをおすすめします。

AGAイメージ写真
この検査で分かること
(1)AGA発症リスク 遺伝子レベルでAGA発症リスクを予測。
(2)フィナステリドの感受性 フィナステリドによる治療効果の予測。

フィナステリドとは?

フィナステリドとは、現在日本国内で唯一認可されているAGAの治療内服薬に含まれる成分です。フィナステリドは、テストステロンをDHTに変換するⅡ型5αリダクターゼの働きを阻害することで頭皮の毛乳頭細胞内でのDHTの増加を防ぎ、脱毛を抑制する働きを持っています。また、フィナステリドの感受性は、AR遺伝子のCAGリピート数の大小により、個人差が生じると言われており、AR遺伝子検査がフィナステリド投与の診断基準のひとつになることが研究の結果示唆されています。

プロペシア

AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)です。このジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合すると、脱毛シグナルが出され、毛髪の成長期が終了してしまいます。そのため、毛髪が太く長く成長する前に抜けてしまい、十分に育たない細く短い毛髪が多くなるため、全体として薄毛が目立つようになります。
プロペシアは、ジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑制することで、抜け毛の進行を止めます。欧米ではすでに前から認可されており、その高い効果には定評があります。使用には医師の処方が必要となります。
AGAイメージ写真

ザガーロ

ザガーロはデュタステリドを有効成分とする男性型脱毛症(AGA)治療薬です。もともと日本では前立腺肥大症の薬「アボルブ」としてグラクソ・スミスクライン社(GSK)より製造販売されていました。アボルブとザガーロは名称こそ違いますが成分はいずれもデュタステリドですので中身は同じものです。アボルブは前立腺肥大症治療薬として100カ国以上の国に承認され、既に多くの患者さんが服用して効果をあげている薬剤です。 「フィナステリド(プロペシア)1mg」を服用した治験者よりも「デュタステリド(ザガーロ)0.5mg」を服用していた治験者の方が発毛効果が 1.6 倍というデータもあります。
ザガーロイメージ写真

アロビックス液

アロビックス液の主成分である塩化カルプロニウムは、頭皮の血管を拡張する効果が非常に強く、血流を飛躍的に良くする効果があります。頭皮の血行が良くなると、毛髪を形成する毛細胞が活性化するため、発毛が促進されます。
アロビックス液単体だけでも、使用者の約55%が脱毛症の改善を実感したという実績を持ちますが、同じく脱毛症に効く内服用治療薬プロペシアと併用することで、さらなる相乗効果が期待できます。そのため、アロビックス液を使用している人は、同時にプロペシア使用者でもあるというケースが多くを占めています。使用には医師の処方が必要となります。
アロビックスイメージ写真

プロペシアのジェネリック医薬品

2005年に万有製薬(現在のMSD)から発売されたAGA治療薬プロペシア(一般名・フィナステリド)と同成分のジェネリック医薬品(後発医薬品)が発売されています。
当院ではプロペシアのジェネリック医薬品であるフィナステリドも処方しております。膨大な開発費用がかかった先発薬に比べ、ジェネリック医薬品はこの開発コストを大幅に抑えることができるため、先発医薬品よりも安価な金額で処方することが可能になります。
既に長期間服用されている方々やプロペシアを飲んでみたいけど料金で迷っていた方々にも、複数社より発売されておりますジェネリック医薬品の出現でAGA治療薬の価格が下がることは朗報といえるでしょう。純正未開封の箱入りでの処方ですので安心です。

フィナステリド1mg「ファイザー」

先行発売はバイアグラで有名な製薬会社ファイザー社のフィナステリドです。MSDのプロペシアに似ており、長年のプロペシアユーザーにも親しみやすい製剤です。

  • ファイザーイメージ写真
  • ファイザーイメージ写真
  • ファイザーイメージ写真
フィナステリド錠1mg「クラシエ」

フィナステリド「クラシエ」は、クラシエ薬品株式会社から発売されております。「クラシエ」といえば、OTCの漢方を始めとする皆様の生活にも身近な商品を販売している会社です。

  • フィナステリド「クラシエ」イメージ写真
  • フィナステリド「クラシエ」イメージ写真

料金表

AGA(男性型脱毛症)(税込価格)

プロペシア錠 1mg 28錠シート 7,900円
90錠ボトル 25,000円
140錠シート 37,500円
180錠ボトル 48,000円
フィナステリド錠 1mg 28錠シート 6,300円
90錠ボトル 20,000円
140錠シート 30,500円
180錠ボトル 38,000円
ザガーロカプセル 0.5mg 30カプセル 10,800円
アロビックス液 30ml
(塩化カルプロニウム5%配合)
1本 1,500円
5本 6,000円
AGA体質遺伝子検査(AGA検査) 39,960円

※再診料は原則無料・処方料は1回84錠以上の場合は無料(ザガーロカプセルは除外)

マドレクリニック

【診療科目】■心療内科・精神科 ■美容内科
〒980-0021 仙台市青葉区中央三丁目1-22
エキニア青葉通り2階

 
午前
午後
  • 診療時間
  • 最終受付
  • 休診日

    年末年始のみ

  • ■保険診療(心療内科・精神科)のご案内
    当クリニックは、心療内科・精神科として保険診療も行っております。こころに関するお悩みを解決いたします。

  • ■求人のご案内
    マドレクリニックでは、患者様のために働く仲間を随時募集しています。