マドレクリニックは、不安神経症、パニック障害、社交不安障害、強迫性障害、更年期障害、うつ病、自律神経失調症など、メンタル疾患・心療内科治療の専門クリニックです。
このような症状でお悩みの方

マドレクリニック - 心身医療科/心療内科・精神科・神経科

このような症状でお悩みの方
HOME > このような症状でお悩みの方 > ネット依存
ネット依存
 ネット依存とは?
この症状にはいろいろな呼び方(ネット依存症、インターネット依存症、ゲーム依存症、携帯依存症、スマホ依存症など)があります。現段階で当院では、ネット依存としています。

 高校生〜大学生に多く見られ、不登校やひきこもりの原因になると言われています。ネットにはまると実生活とネット世界の区別ができなくなり、そのものを取り上げようとすると、暴力で抵抗されたりします。実世界とインターネットの世界がひっくり返ってしまうのです。

また思春期では親への反発もみられ、友達とのつながりを強く求める傾向があり、強迫観念があって、メールには直に返信しないといけない、既読となってるのに返信しないのは失礼だ、既読になっているのに返信がこないため不安で何度も携帯をチェックするなど精神的に不安定な状態となってくると、さらに携帯電話やスマホ、パソコンを手放せない状態になっていきます。精神的に未成熟な未成年が問題を認識して自分で解決することはかなり難しいのが現状です。

大人でも依存症という状態になると一人で止めるのは困難で、止めないといけないと分かってはいますが、止められないという状態になります。また結婚や出産で環境が変わり話し相手欲しさからSNSなどのポータルサイトにはまってしまう主婦や、社会人となり一人暮らしを始め、暇つぶしで始めた出会い系サイトがやめられなくなるという方もいます。

ひとことでネット依存といっても、寂しさからの人間関係への依存の場合や、不特定多数との性関係を求める性嗜好障害などの問題があるなど、人それぞれ背景にある問題も異なります。
ネット依存外来
 当院は通院専門ですので、勉強、仕事、家事など続けながら治療に取り組めます。学生の場合は学業がおろそかになることで、進学や就職への問題が出ることが考えられますし、主婦では子供の世話をせずネットにはまってしまう、社会人では朝までネットが止められず遅刻する、寝不足で仕事に集中できないという問題も出てきます。

 問題の背景には、気分障害や発達障害といったメンタル疾患がある場合や、実生活における人間関係上や経済上深刻な問題からの逃避で依存している場合もあります。早期かつ軽症なうちに治療を開始すれば、それだけ早く回復します。当院では、通院は夜間帯の受診も可能ですので通学・通勤しながらの治療が可能です。外来診療のかかりやすさで早期発見・早期治療に努めたいと願っています。
ネット依存かどうかを自己チェックすることができます。
ここでは、DSM-X、IAT、K-スケールの3種類のスクリーニングテストを紹介します。
インターネットゲーム障害(DSM-X)
 12か月の間に、以下のうち5項目あるいはそれ以上が当てはまりますか?
1 満足を得るために、ネットを使う時間を段々長くしていかねばならないと感じていますか?
2 ネット使用を制限したり、時間を減らしたり、完全にやめようとしたが、うまくいかなかったことが度々ありましたか?
3 ネット使用時間を短くしたり、完全にやめようとしたとき、落ち着かなかったリ、不機嫌や落ち込み、またはイライラなどを感じますか?
4 使い始めに意図したよりも、長い時間ネットを使用していますか?
5 ネットのために大切な人間関係、学校のことや、部活動のことを台無しにしたり、危うくするようなことがありましたか?
6 ネットへの熱中のしすぎを隠すために、家族、学校の先生やその他の人たちに嘘をついたことがありますか?
7 問題から逃げるために、または、絶望的な気持ち、罪悪感、不安、落ち込みなどといった嫌な気持ちから逃げるために、ネットを使いますか?
インターネット依存度テスト(Internet Addiction Test, IAT)
 アメリカのKimberly Young博士によって開発された20項目の質問からなるテストです。原版は英語です。おそらく、世界で最もよく使われているテストと思われます。年齢に関係なく使用できるテストとされています。この場合、利用する機器は、パソコン、携帯電話、スマートフォン、ゲーム機などオンラインで使用するすべてを含みます。

各質問の1〜20について次の1点から5点の回答の中から、最もあてはまる点数を1つ選んでください。自分に関係のない質問であれば「全くない(1点)」を選んでください。
質問項目(20項目) 全く
ない
まれに
ある
時々
ある
よく
ある
いつも
ある
1 気がつくと思っていたより、長い時間インターネットをしていることがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
2 インターネットをする時間を増やすために、家庭での仕事や役割をおろそかにすることがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
3 配偶者や友人と過ごすよりも、インターネットを選ぶことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
4 インターネットで新しい仲間を作ることがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
5 インターネットをしている時間が長いと周りの人から文句を言われたことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
6 インターネットをしている時間が長くて、学校の成績や学業に支障をきたすことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
7 他にやらなければならないことがあっても、まず先に電子メールをチェックすることがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
8 インターネットのために、仕事の能率や成果が下がったことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
9 人にインターネットで何をしているのか聞かれたとき防御的になったり、隠そうとしたことがどれくらいありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
10 日々の生活の心配事から心をそらすためにインターネットで心を静めることがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
11 次にインターネットをするときのことを考えている自分に気がつくことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
12 インターネットの無い生活は、退屈でむなしく、つまらないものだろうと恐ろしく思うことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
13 インターネットをしている最中に誰かに邪魔をされると、いらいらしたり、怒ったり、大声を出したりすることがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
14 睡眠時間をけずって、深夜までインターネットをすることがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
15 インターネットをしていないときでもインターネットのことばかり考えていたり、インターネットをしているところを空想したりすることがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
16 インターネットをしているとき「あと数分だけ」と言っている自分に気がつくことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
17 インターネットをする時間を減らそうとしても、できないことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
18 インターネットをしていた時間の長さを隠そうとすることがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
19 誰かと外出するより、インターネットを選ぶことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
20 インターネットをしていないと憂うつになったり、いらいらしたりしても、再開すると嫌な気持ちが消えてしまうことがありますか。 1点 2点 3点 4点 5点
合計点数 : 得点が高いほど依存の度合いが強いことになります
【20〜39点】
平均的なオンライン・ユーザーです。
【40〜69点】
インターネットによる問題があります。インターネットがあなたの生活に与えている影響について、よく考えてみてください。
【70〜100点】
インターネットがあなたの生活に重大な問題をもたらしています。
すぐに治療の必要があるでしょう。
開発者:Kimberly Young博士
翻訳者: 久里浜医療センターTIAR
バックトランスレ−ションによる妥当性確認: Michie Hesselbrock教授(米国コネチカット大学)
インターネット依存自己評価スケール(青少年用) K-スケール
 以下の15の各質問について、1点から4点の中から、最もあてはまる点数を1つ選んでください。自分に関係のない質問であれば「全くあてはまらない」を選んでください。総得点と要因別得点の指示従いまして、自身の依存レベルの評価とその対策をご確認ください。
質問項目(15項目) 全くあてはまらない あてはまらない あてはまる 非常にあてはまる
1 インターネットの使用で、学校の成績や業務実績が落ちた。 1点 2点 3点 4点
2 インターネットをしている間は、よりいきいきしてくる。 1点 2点 3点 4点
3 インターネットができないと、どんなことが起きているのか気になってほかのことができない。 1点 2点 3点 4点
4 “やめなくては”と思いながら、いつもインターネットを続けてしまう。 1点 2点 3点 4点
5 インターネットをしているために疲れて授業や業務時間に寝る。 1点 2点 3点 4点
6 インターネットをしていて、計画したことがまともにできなかったことがある。 1点 2点 3点 4点
7 インターネットをすると気分がよくなり、すぐに興奮する。 1点 2点 3点 4点
8 インターネットをしているとき、思い通りにならないとイライラしてくる。 1点 2点 3点 4点
9 インターネットの使用時間をみずから調節することができる。 4点 3点 2点 1点
10 疲れるくらいインターネットをすることはない。 4点 3点 2点 1点
11 インターネットができないとそわそわと落ち着かなくなり焦ってくる。 1点 2点 3点 4点
12 一度インターネットを始めると、最初に心に決めたよりも長時間インターネットをしてしまう。 1点 2点 3点 4点
13 インターネットをしたとしても、計画したことはきちんとおこなう。 4点 3点 2点 1点
14 インターネットができなくても、不安ではない。 4点 3点 2点 1点
15 インターネットの使用を減らさなければならないといつも考えている。 1点 2点 3点 4点

(注)項目番号9番、10番、13番、14番は、点数を逆に採点します

【A要因】1、5、6、10、13番
【B要因】3、8、11、14番
【C要因】4、9、12、15番
開発者:韓国情報化振興院(National Information Society Agency)
翻訳者: 久里浜医療センターTIAR
バックトランスレーションによる妥当性確認: Sungwon Roh博士(ソウル国立病院精神保健研究部長)
高リスク使用者
(総得点が以下に該当するか、または、3つの要因別得点のすべてが以下に該当する場合)
中高生
総得点 → 44点以上
要因別得点 → A要因 15点以上、B要因 13点以上、C要因 14点以上
小学生
総得点 → 42点以上
要因別得点 → A要因 14点以上、B要因 13点以上、C要因 13点以上
【評価と対策】
あなたはインターネット依存傾向が非常に高いです。専門医療機関などにご相談ください。
潜在的リスク使用者
(総得点または要因別得点のいずれかが以下に該当する場合)
中高生
総得点 → 41点〜43点
要因別得点 → A要因 14点以上、B要因 12点以上、C要因 12点以上
小学生
総得点 → 39点〜41点以下
要因別得点 → A要因 13点以上、B要因 12点以上、C要因 12点以上
【評価と対策】
インターネット依存に対する注意が必要です。インターネット依存におちいらないよう節度を持って使用してください。
一般使用者
(総得点または要因別得点のいずれかが以下に該当する場合)
中高生
総得点 → 40点以下
要因別得点 → A要因 13点以下、B要因 11点以下、C要因11点以下
小学生
総得点 → 38点以下
要因別得点 → A要因 12点以下、B要因 11点以下、C要因 11点以下
【評価と対策】
インターネットが健全に使用できているか普段から自己点検を続けてください。
HOME - 医院案内 - 診療案内 - このような症状でお悩みの方 - お問い合わせ
お知らせ - 求人案内 - 個人情報保護方針 - サイトマップ
マドレクリニック - 心身医療科/心療内科・神経科
〒980-0021
仙台市青葉区中央三丁目1-22
エキニア青葉通り2階
電話:022-738-9067
【診療科目】
心身医療科/心療内科・精神科・神経科
お気軽にお問い合わせ下さい。
Copyright © MADRECLINIC, All Rights Reserved.